ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >サツマイモの芋床つくり


サツマイモの温床つくり

サツマイモの温床作りを手伝いました。
温床は「芋床」とも言って、サツマイモの芽を早く出させるためのものです。有機物を芋の下にすきこみ、発酵熱で芽を出させるものだそうです。
おんどこ、フレームといいます。

広告

堆肥の発酵熱を利用した温床の作りかた

温床の手入れ

@地面を掘ります。深さは20cmくらい。
以前からこの場所を温床として使っていて、木の枠が設置してあります。
広さは1×2メートルくらい。

堆肥を投入

A穴に有機物を放り込みます。材料は近くにあった花の咲いた大根とカブ。
それから同じくらいのわら。昔は寒いうちに山の下草を刈ってきていれたそうです。

押切り

B大根、わら、ともに押しきりで刻みます。大きさは適当。押しきりを使ったのは初めて。
刃が大きくてかなり怖い。手を切りそうだと思っていたら...やっぱり切ってしまいました。皮膚を貫通しなかったので大丈夫でしたが...。

堆肥発酵熱温床 堆肥発酵熱温床

C刻んだものを放り込んだらよく混ぜます。右は混ぜ終わったもの。「わらが入るととても暖かくなる」そうです。 保温効果があるのでしょうか、それとも藁に含まれる納豆菌が作用して発行が進むのかな?

広告

堆肥発酵熱温床

D最後に土をかぶせます。
関係ありませんが、働かずに見ているだけの人物はニートくんです。

堆肥温床の完成

堆肥発酵熱温床

E山になっているけど、翌日にはかなり低くなるとのこと。この中に芋を植えます。

堆肥温床に覆いを作ってみた

温床フレーム

ビニールで温床を覆い、熱を逃がさないようにすれば、さらに良いのではと思い、フレームを作ってみることにしました。
材料は1×4と1×6材、それぞれ2本づつ、竹。
ビニールシートを枠に直接つけるのはあまり気が進まないので、内枠と外枠を作り、シートを挟む構造にしました。
1×4は外枠として使います。900o4本にして枠を作りました。1×6は850o4本にで内枠。
枠の内側2面に直径9o、深さ10o程の穴を明けておきます。これは抑え用の竹を通すもの。
竹を通す穴

枠にピッタリ納まる長さに竹を切り、細く割って枠にあけた穴に差し込みます。
割竹

フレームと割竹

出来ました。
温床フレーム

重ねるとこんな感じになります。
コールドフレームの枠

間にビニールシートを挟めば完成!ちょっと大s\げさ過ぎましたかね...重いです。
温床フレーム

これを堆肥を埋めた穴の上にかぶせておけば、発酵熱を逃がさず、かつ太陽熱を取り込めるので、好成績を得られると思うのですが...
とりあえず使ってみます。

最終更新日: 2018-02-14 08:08:05

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >サツマイモの芋床つくり

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

書斎机  
須屋  
ラウンドアップを使って木を枯らす  
備中鍬の修繕  
薪ストーブの掃除  
普通のブラウスの作りかた  
竹の固縛  
あじさいの栽培、手入れ、増やしかた  
除草剤の特性  
ガゼボのDIY  
アロハシャツ(開襟シャツ)の型紙  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます