ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 1 >大麦と小麦、ヒョウタンで鳥の巣箱作る

大麦と小麦、ヒョウタンで鳥の巣箱作る

2001年3月24日

自慢の自動水やり装置を動かそうとしたら、ひどく漏水している。 開けてみると、配管が破裂していた(T_T)。畑にでて、スコップで土を掘り返す。 麦が急に大きくなった。ヘニョヘニョだった小麦も大分大きくなっている。 種くらいは採れそう。

2001年3月18日

先週失敗した豆腐をもう一度作ってみる。やっぱり失敗(T_T)。 今日は天気が良かったのでテーラーを出して畑の準備をした。 雑草たちが小さいうちにたたきのめす作戦だ。じいさんの畑にも入れてあげた。 疲れた。近くの電気屋に行き展示品の「アーバンモミモミ」を使ってからだをほぐす。

2001年3月11日

麦の周りの草を取って土寄せしておきました。よく見ると小麦が芽を出していました。 でも肥料やっていないのでヘロヘロ状態。遅すぎるけど、肥料あげときました。 ジャガイモを植え付けました。

左からビール麦、大麦(2列)、小麦(3列)の順。小麦、見えないかな。

2001年2月24日

3週間ぶりに我が家に帰る。大分暖かくなって、雑草も少し大きくなっている。 あいにくの雨模様。

ビール麦、大麦、大きくなってきました(周りの雑草も(^_^;; )。

シンビジューム、咲きました。以前女房が友達からもらってきたもの。 近くのホームセンターに行ったら花の終わったシンビ、 300円でたたき売られていたので2株購入。ラッキー!

じいさんの家に行ったところ、干し柿にメジロが鈴なりに... (ちょっと写真見づらいですね)。食べられず近くの木に止まっているのも含めて、 庭に50羽くらいいました。ビックリ。「猫に獲られないといいけど」 と思いながら家に入ると...すでに座敷は鳥の羽だらけ(T_T)。 掃除、大変でした。掃除中にこちび(猫の名前)としろ(猫の名前) がそれぞれメジロをくわえて帰ってきたので、追い出しました。 柿が低いのがいけないのだろうと思い、高い場所に吊るしかえました。これでOK。

夕方、味噌作りのための大豆を準備。去年は全然採れなかったので、 去年のものを出してきました。思ったとおり虫食いが多いので、選別作業。 大豆ばっかり見ていたので、目をつぶると大豆が見えるようになっちゃいました。 仕込みは来週の予定。

2001年1月28日 小麦の植え替え

芽が出なかった小麦。あきらめていたところ、じいさんの畑のすみに生えているのを発見! でもじいさんに「抜かないで」と言い忘れていて、 気付いたらやっぱり引っこ抜かれてました(T_T)。幸い発見が早かったので、 「植え替え」してみました。せめて次の種蒔き分くらい出来ないかな。こんなの初めて(^_^;;。

瓢箪で鳥の巣箱

暮れに「アッテンボローの云々」ってテレビ番組で瓢箪を鳥の巣箱楽天 を作っているのを見ました。 さっそく真似したのが下の写真。こんなのに入ってくれるかな?とりあえず木に掛けてみよっと。

2001/1/8

やることない(T_T)。菜の花が咲き始めたので撮影してみました。 これは食用じゃなくてミツバチのエサ用。先祖(?)はチンゲン菜なのですが 毎年種を取って蒔いているうちに、こんな形になりました(^_^)。 いろいろ交雑しているらしく、時折水菜やチンゲン菜、 その他に似た株が生えてくるので面白いです。

00/12/23

小麦、ついに芽を出さず(T_T)。写真左からビール麦、大麦、小麦(を蒔いたところ)の順。 あ〜あ。

天気が良いので部屋に入れておいたシンビジュームを日光浴させました。 シンビジュームって、寿命が50年くらいあるそうです。 ヨボヨボのじじいになるまで楽しめる予定(^_^)。 もう花芽がついた株もあります。手前の小さい2鉢は養蜂家御用達(?) の金稜辺という品種。他はもらったり昔からあるもので、品種は不明。

最終更新日: 2001-03-25 09:00:00

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 1 >大麦と小麦、ヒョウタンで鳥の巣箱作る

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます