ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >制御パソコンのソフトウェア

制御パソコンのソフトウェア

制御パソコン、中継マイコン、汎用防犯装置はそれぞれコンピュータですので ソフトウエアを作成し、作業命令を書き込んであります。

制御パソコンのソフトウェア

JAVA言語を使って書きました。パソコンのOSはDebianLinuxです。その他、 データを収納するためにPostgreSqlを連携させています。 JAVAのソースはこちら。

> 動作順序は下記のとおり。

@作業ファイルを読み込む。

A時刻を監視

B指定時刻になったら@指定の作業を実行。

C戻ってきたデータをデータベースに格納。

D指定作業を実行

の動作を繰り返します。作業ファイルは「いつ、どんなことをしてください」 と書いてあるファイルで、人間が読みやすいようにcsvファイル形式にしてあります。 エクセルで作成し、所定の場所に保存すると、ソフトウェアが定期的に読みこみます。

10分ごとに温度と湿度を計測、夜20時から朝7時の間人を検知したら高輝度LEDを光らせる 設定になっています。

Dの指定作業は汎用防犯装置との通信以外の行為で、温度、 湿度をグラフ画像化したりする作業です。

DebianLinuxで JAVA 楽天 のプログラムを起動時に自動的に動かすには、 下記の手順で設定をします。

@/etc/init.d/のskeltonをコピーして名称変更、bouhanにする。

bouhanの中身変更

#DESC="some daemon"
DESC="bouhan doraemon"
NAME=daemon
#DAEMON=/usr/sbin/$NAME
DAEMON=/var/socie/tomolib/bouhan/bouhan.txt
Abouhan.txtの作成
/var/socie/tomolib/bouhan/bouhan.txtを作り、中身を下記のようにします。
最後に&を書くように気をつけます。無いとキー入力を受け付けなくなります。
#! /bin/sh
source /etc/profile
export CLASSPATH=/var/socie/;
java tomolib.bouhan.BouhanComm &

Bランレベル2の後ろのほうに登録

 # cd /etc/rc2.d

 # ln -s ../init.d/bouhan S99bouhan

 S99stop-bootlogd、S99rmnologinより前になるように設定します。

最終更新日: 2007-04-24 03:00:00

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >制御パソコンのソフトウェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

大正時代の洋裁型紙  
蜂舎一号の失敗  
Fusion360で木工  
風呂の焚き口を修理  
柿渋染め  
ヒョウタンの乾燥  
男性用原型でシャツを自作  
温室の研究  
スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます