ともさんのHP >ものつくり >木工 >ノコギリの手入れ

ノコギリの目立て、あさり修正の方法

ネットでノコギリの目立て方法を検索してみたら、意外にもなかったので (探し足りないのかもしれませんが)、私の知っていることを書いておきます。
よろしければ参考にされてください。

のこぎりの目立てに必要な道具

下が先祖伝来(笑)の目立て道具入れです。なんと、藁製。もろそうに見えますが、まだまだ現役で使ってます。たぶん50年くらい前に作られたもの。
のこぎり目立てのための道具 目立て道具入れ

中に入っているのは、
金槌、木槌
ノコギリ 楽天 はさみ
ヤスリ、ヤスリ入れ
クサビ
アサリ工具(名称不詳)
ほかに油が必要です。

広告


目立てのできるノコギリは軟鉄で作られたのこぎりです。軟鉄は柔らかく、鑢で削りやすいためです。 今はほとんどステンレス(多分)製の替刃式しか売っていません。
上の3本は山仕事用のもの。目立てして使う物ですが、最近はチェーンソーを買ってしまった のでほとんど使っていません。
下の小さなノコギリは、柿の剪定で愛用している物です。替刃式で目立てをする前提で作られたものではありませんが、強引に目立てして使っています。

のこぎりの目立て、手順

目立てする前に、ヤスリとノコギリに油を塗ります。これをしないとヤスリが目詰まりしてしまいます。
その後、ノコギリはさみとクサビ、木槌を使って のこぎり 楽天 を固定します。


アサリ工具はこんな感じになっていて、歯をはさみ、板厚方向互い違いに歯を曲げる (いわゆるアサリととる)ために使います。


アサリを調整後、ヤスリを入れます。左の画像では輝いている部分が削られたところです。
ヤスリは削る面にピッタリと密着させ、力をいれて1〜2センチくらいギュッと押す とうまく削れます。
隣の歯は裏返しにして削ります。


広告

替刃式も同様に削れますが、ステンレス製だとヤスリの方がへたるかもしれません。 ように肩のある形状の場合は、天面の部分もヤスリを入れます。
普通の刃物の場合、削った後、バリを取りますが、ノコギリはそのままでよいみたいです。

目立前後の切れ味

目立て後のノコギリの切れ味はすばらしい。飢えたサメのように木に食いつきます。 挽くときは木に押し付けなくてもノコギリがズンズン入ってゆきます。 木を切るのが楽しくなりますな。
昔の人は使うたびに目立てをして切れ味を楽しんでいたのでしょうね。 現在では替刃式が普及していますが、「切れなくなったから取り替えよう」 って人は少ないと思います。「切れなくなった」って意外と気付きづらいものなので。

焼き入れ過多のノコギリに要注意

最近ノコギリを使っていて「パリン」と折れてしまうことが多くなりました。使っていて折れてしまったので、新しい歯を購入したら、その歯もいきなり折れる...
しかたないので今は先端のおれてノコギリを使っています。
最近の鋸刃は中国製で、焼き入れをしすぎているものが少なからず販売されているようです。焼き入れすると硬くはなるのですが、脆くなってしまいます。
結構値段のはるものなので、良いノコギリを手に入れたいものですね。もう少ししたら、別のメーカーのノコギリを購入しようと思っています。

最終更新日: 2016-09-26 08:20:40

ともさんのHP >ものつくり >木工 >ノコギリの手入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

グラジオラスの栽培、手入れ、増やしかた  
カタクリの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます