ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >MES覚え書き 9 プログラムの動作試験

MES覚え書き 9 プログラムの動作試験

自分で作ったプログラムは、最初から正常に動くとは限りません。 むしろ正常に動くほうが稀です。ですので作成したプログラムはマイコンのメモリに送信して、 実際に動かし、思ったとおりに動くまで動作確認をする必要があります。

H8/3069ネット対応 マイコン 楽天 のメモリにはROMとRAMがあります。 既に覚え書き4でROMにMESを入れましたが、 プログラムの入るメモリは動作試験時と使用時とで違いがあります。

動作試験時

ROM:MES(OS)と付属ファイル

RAM:プログラム

使用時

ROM:MES(OS)と付属ファイル+プログラム
H8/3069ネット対応マイコンのROMは100回ほど書き込むと壊れてしまう。 ROMへの書き込みは面倒。などの理由で、通常はプログラムをRAMに転送し、 動作の確認が出来てから、ROMを焼きなおして使用する、という手順を踏みます。

それではRAMにプログラムを転送してみましょう。

パソコンとH8/3069ネット対応マイコンをRS232CとLANで接続して行います。 RS232Cはパソコンからの命令のやり取り。LANはプログラムデータの送信を行います。ちょっとややこしいですね。

@パソコンとの接続

 覚え書き8の要領で接続します。

ATFTPサーバの起動

 デスクトップ上のTFTP Serverをダブルクリックしてウインドウを開きます。

Browseボタンを押し、CurrentDirectoryをコンパイル済みのファイルのある

フォルダに変更します。ここでは 覚え書き7で作成したファイルを転送するので C:\work\mes\test に設定しています。

B転送

ハイパーターミナルから転送を指示するコマンドを送ります。

送るファイルはここではC:\work\mes\testの中のtest.elfです。

今回は、ハイパーターミナル上で、

tftp test.elf 192.168.11.1 リターン

とキー入力します。

tftp [ファイル名] [PCのIPアドレス]

ですね。

...と表示されている間は転送中です。

C転送の確認

ハイパーターミナル上でdir と入力して、H8/3069ネット対応マイコンに入っている ファイルを見ます。

test.elfが入っていれば転送成功

Dプログラムの動作試験

ハイパーターミナル上で、

 test.elf リターン

とキー入力します。これは

MESに対し、test.elfというプログラムを実行してくださいと頼むコマンドです。

test.elfはHello Tomosan!と表示するだけのプログラムなので、

Hello Tomosan!

が返ってくれば正常に動作していると確認できます。

うまく動いてくれるまで、「プログラムを直し、動作試験をする」を繰り返します。

最終更新日: 2006-09-25 00:00:00

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >MES覚え書き 9 プログラムの動作試験

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

カイズカイブキの剪定  
家庭菜園  
机上棚とプリンタ棚の自作  
洋裁CAD使いかた動画  
ウエスト切り替えワンピース型紙のダウンロード  
袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
必要な肥料の量と種類  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます