ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >MES覚え書き 7 プログラムの開発

MES覚え書き 7 プログラムの開発

パソコンの場合、アプリケーションソフトは購入したりダウンロードしたりしますが、 マイコンの場合は原則として自分でプログラムを作ります。使うのはC言語。 パソコンのアプリケーションソフトは主に人間を相手にしますが、 マイコン 楽天 の場合は機械や電子部品を相手にするのが大きな違いです。 マイコンをどんな部品に繋げるかによって、プログラムもおのずと変わってきます。 ソフト(プログラム)とハード(マイコンとその周辺装置)には密接な関係があります。

@フォルダの作成

プロジェクトに使うフォルダを新規に作成します。 ここではC:\work\mes\testを作りました。

ACbarの起動

Cbarのショートカットをダブルクリックして起動します。

Bプロジェクトの新規作成

最初はプロジェクトを新規作成します。

(次回からは「プロジェクトを開く」既存のプロジェクトを開きます)

ファイル/プロジェクト新規作成 

プロジェクト名をtestとして、保存先をC:\work\mes\testにします。

Cソースファイルの作成

C:\work\mes\test にテキストファイルtest.cを作り、コードを

書きます。今回の中身は下記の通り。

C言語がわからない方はどこか他のHPでお調べください。

#include <mes2.h>

int main()

{

printf("Hello Tomosan!");

}

Dソースファイルのプロジェクトへの登録

ファイル/追加、

先程作成したtest.cを選び、追加ボタンを押します。

Eコンパイル

人間の言葉(C言語)からコンピュータの言葉に翻訳します。

実行/コンパイル

成功すると C:\work\mes\test の中に、test.elfというファイルが出来ます。

失敗したら手直ししましょう。

Fファイルが複数ある場合

 こんな感じにファイルを登録してゆきます。

将来はライブラリを作りたいものですが、作り方は知りません。

GMESがバージョンアップした場合

OS(MES)にあわせてコンパイルしなおす必要があります(多分)

最終更新日: 2006-09-24 00:00:00

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >MES覚え書き 7 プログラムの開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

大正時代の洋裁型紙  
蜂舎一号の失敗  
Fusion360で木工  
風呂の焚き口を修理  
柿渋染め  
ヒョウタンの乾燥  
男性用原型でシャツを自作  
温室の研究  
スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます