ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自作防犯装置の仕組み

自作防犯装置の仕組み

泥棒を撃退したり、植木鉢に水をやったりする装置を作っています。現在試験運転中。

パソコンとマイコンを下図のように繋いで使います。

パソコンと マイコン 楽天 1はLAN回線でつなぎます。マイコン1とマイコン2は RS232Cという通信速度の遅いケーブルで繋ぎます。

パソコンはマイコン2たちに命令を送ったり、マイコン2から情報を受け取ってデータ を保存したりする役割をもっています。

マイコン1の役割は、異なる通信方式を翻訳して取り次ぐ役目を持っています。

マイコン2にはセンサーやLEDライト、ブザーが取り付けられていて、侵入者がいないか監視し、 ブザーを鳴らして警報を出したり、温度センサーで気温測定をしたりする役目を持っています。

最終更新日: 2012-02-09 07:34:38

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自作防犯装置の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます