ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >小屋作り

小屋作り

最初に作ったのが、この箱。2001年に作りました。1辺1mの立方体です。

望遠鏡を入れるために作ったのですが、結局物置になりました。

製作中

クリックすると大きくなります。

屋根のふちについているヒョウタンは特に意味がありません。波板を打ち付けた釘が、貫通してチクチクするためにその辺に落ちていたヒョウタンを拾って取り付けました。

一応2×4の真似をてパネルを作り、それを組み合わせて組み立てています。

次に作ったのが、蜂舎1号。現在はニワトリさんが入居しています。

これも2×4モドキの構造で、庭でパネルを作り、それを持ち込んで組み立てました。1.8×1.8mの面積なので、ちょうど1坪の広さです。この中にミツバチの巣箱を入れて飼いました。壁のそれぞれの面には、ミツバチがやっと通れる程度の金網が張ってあり、天敵のスズメバチが入れないようになっています。スズメバチに悩まされて作った小屋ですが、結果は芳しくありませんでした。

総工費7万円くらい。材料のカットは購入したホームセンターで全てしてもらいました。無料でしてくれましたが、直後にカットは有料になってしまいました。大量にカットしてもらったためでしょうか?

その次に作ったのが、蜂舎2号。ミツバチは現在ここで飼育しています。

これもスズメバチからミツバチを守るためのもので、出入り口に電線を張り、秋には高電圧を流してスズメバチを追い払います。

前の小屋楽天 と同じように2×4様の方法で作りました。まず床を作り、床の上でパネルを4枚作り、立てた後、屋根楽天 を取り付けます。

費用は14万円ほど。主要な部材は製材所で挽いてもらい、残材をなるべく少なくなるように設計して安く抑えました。

最近作ったのが炭焼き小屋。材木を購入して懇意になった材木店の人が不良材をたくさんくれたので、これを主要部材にして作成。2×4式は止め、

 

家型の部材をたくさん作り、それを立てて横部材で連結する方式にしました。

外回りの壁も廃材を使いましたが、屋根とステンレスのコーススレッド代で3万円くらいかかりました。

最終更新日: 2006-06-20 00:00:00

ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >小屋作り

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます